学ぶ・考えるを応援する【Dr.Dekisugi】 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一浪東大受験期

一浪東大志望。意識は高く。人間として立派に。

7/27

その他

こんばんは。

今日は数学メインな1日でした。久々に河合塾に行きました。

 

2012年、2011年の本試験をやりました。

自分なりにどうまとめているのか、画像でupしておきたいとおもいます。明日で。

 

明日は2011年の残りを片付けて、午前中に国語と物化、午後は英語と数学ですかね。がっつりやります。

 

今日はこの辺で。遅いので寝ます。

 

あ、学コン。やるのずっと忘れてました。明日やります!

 

それでは。

最近読んだ本をついでに。

 

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

 

 全部なかなか面白かったです。ぶっ飛んだ発想が好きです。

 

 

水中都市・デンドロカカリヤ (新潮文庫)

水中都市・デンドロカカリヤ (新潮文庫)

 

 

 こちらはブッ飛びまくりでした。正直ついていけなかったです。

 

闖入者という話があるのですが、民主主義の恐ろしさが書かれていた気がします。民主主義も徹底されると、少数派が殺されるというなかなか残酷な事態に陥りますね。こうやって言葉で言っちゃうと簡単なんですが、小説で1人の人間の話として考えると、急に重くなります。