学ぶ・考えるを応援する【Dr.Dekisugi】 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一浪東大受験期

一浪東大志望。意識は高く。人間として立派に。

5/19 フィボナッチ数

数学 その他

  こんばんは。
まぁまぁ順調です。

今週末までに全体を復習してます。
土日は化学、英語の予習を一気にやる。古文漢文も。数学は掌握を。なんだかんだ今週末もいろいろ予定があるので一日中勉強というわけにはいきませんが、やるだけやります。


あと、このブログを見てくださっている方で、オススメの小説があったらお教えください。お願いします。もうすぐこころ読み終わっちゃうので。


個人的には安部公房に興味があります。


なんも書くことないので、また研究発表でも。

じゃあ、フィボナッチ数列について。
性質をいくつかまとめておこうと思ったら、物凄い数が出てきてしまって、イマイチ頭の中で整理しきれない量になってしまいました笑

f:id:taikistudy:20160519220835j:image

f:id:taikistudy:20160519220910j:image

f:id:taikistudy:20160519220944j:image

f:id:taikistudy:20160519221002j:image

個人的には、最後の画像の、全ての自然数が異なるフィボナッチ数の和で表せるというものが、馴染みやすいのもあってスゴく感動しました。

隣り合う2項の比の極限が黄金比になるのも面白いですよね。

自然界にも現れることで有名なフィボナッチ数ですが、自然と数学が見事にマッチするのを見ると、まるで世界が予めそういう風に作られているかのような感じがします。数学は必然性を以ってこの世界に生まれてきたのでしょうか。

それとも人間が恣意的に自然と数学を結びつけているだけなのでしょうか。


以上です。それではまた今度。